熱を用いて、内臓の機能維持・改善を目指す。

menu

Footprints
私たちの足跡

2020/06/18

疫学研究プロジェクト『生活習慣と慢性腎臓病』の記事が6/5熊本日日新聞に掲載されました。

私たちの研究室の新たな取り組み、疫学研究プロジェクト『生活習慣と慢性腎臓病』について熊本日日新聞の取材を受け、6/5の紙面に記事が掲載されました。新聞記事を見て本プロジェクトにエントリーいただいた皆様ありがとうございます。

2020/04/01

杉本和樹が本学大学院修士課程へ入学

2020/04/01

前田曙が熊本大学大学院 生命科学研究科 腎臓内科学分野 博士課程へ入学

2019/07/20

飯山準一が「リバネステックプランター熊本2019」で受賞

飯山準一が「リバネステックプランター熊本2019」へエントリーし、『慢性腎臓病に対する全身温熱療法の確立』というタイトルで生活習慣と慢性腎臓病の予後について疫学研究を行う計画をプレゼンテーション。「トイメディカル賞」を受賞しました。

2019/05/11

前田曙が「WCPT 2019」でポスター発表

前田曙がスイス・ジュネーブで開催された「WCPT 2019」にて、「Involvement of TRPV4 in mild thermal stimulation against cisplatin-induced renal damage」のタイトルでポスター発表を行いました。

2018/12/06

前田曙が「高血圧関連疾患モデル学会」でポスター発表

前田曙が熊本県で開催された「高血圧関連疾患モデル学会」にて、「シスプラチン誘発性腎障害に対する温和な全身温熱刺激の基礎的研究」のタイトルでポスター発表しました。

2018/04/01

岩下佳弘が日本学術振興会科学研究費基盤C獲得

岩下佳弘が日本学術振興会科学研究費基盤C『温熱プレコンディショニングによるシスプラチン誘発性腎障害軽減の機序解明』獲得しました。

2018/04/01

飯山準一が日本学術振興会科学研究費基盤B獲得

日本学術振興会科学研究費基盤B『慢性腎臓病発症および進行に対する全身温熱習慣の影響と、その基礎メカニズム解明』獲得しました。

2018/03/01

渡孝輔の論文が「物理療法科学」に掲載

渡孝輔の論文『急性腎障害に対する穏和な全身温熱刺激による腎保護効果-腎虚血再灌流障害モデルマウスにおける検討-』が「物理療法科学」に掲載されました。

2016/04/01

渡孝輔が日本物理療法学会 平成28年度研究助成を獲得